12試合目|2004/04/15(木)|広島3回戦(甲子園)18:01開始/53000人/3時間04分|先発:藪×大竹|スコア:0-1|勝:大竹/S:永川/:藪
1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回
打者数 4 4 3 3 4 3 4 3 4 _ _ _ 32
安打数 0 2 0 0 1 0 0 0 0 _ _ _ 3
スコア 0 1 0 0 0 0 0 0 0 _ _ _ 1
スコア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 _ _ _ 0
安打数 0 1 0 0 1 1 1 1 0 _ _ _ 5
打者数 3 4 5 3 4 5 4 3 3 _ _ _ 34
先発メンバー 今岡
(12)
赤星
(12)
片岡 金本
(12)
桧山 アリアス
(12)
藤本
(7)
矢野
(12)
()内の数字は同じ打順での連続先発出場回数です.
安打 桧山(2/7本目)|矢野(11本目)|藤本(9本目)|片岡(4本目)
打点 _
2塁打 片岡(2本目)
3塁打 _
本塁打 _
代打 濱中(7回)
盗塁 _
先発
|[登板=20勝0S 2敗]|7打者=25球数=100失点=1自責点=1
リリーフ
 リガン|[登板=80勝0S 0敗]|1・2/3打者=6球数=11失点=0自責点=0
 ウィリアムス|[登板=50勝0S 0敗]|0・1/3打者=0球数=2失点=0自責点=0
奪三振 藪(4/10個目)
戦評 広島の大竹が7回無失点で今季初勝利をあげた。菊地原の危険球退場もあったが、二回に前田、野村の両ベテランで挙げた1点を継投で守りきった。阪神は藪が7回1失点と好投したが、六、七回の逸機が響き4連敗。
※イニングの点数をクリックするとそのイニングの詳細が表示されます.またスコア(計)をクリックすると全イニングの詳細が表示されます.
※投手をクリックすると登板内容が表示されます.