44試合目|2012/05/25(金)|ソフトバンク1回戦(ヤフードーム)18:00開始/35515人/2時間57分|先発:スタンリッジ×大隣|スコア:5-0|:スタンリッジ/負:大隣
1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回
打者数 3 4 4 5 3 3 4 6 4 _ _ _ 36
安打数 0 1 0 2 0 0 1 2 1 _ _ _ 7
スコア 0 0 0 1 0 0 1 2 1 _ _ _ 5
スコア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 _ _ _ 0
安打数 0 2 0 0 0 1 0 0 0 _ _ _ 3
打者数 3 5 3 3 3 4 3 4 3 _ _ _ 31
安打 鳥谷(41本目)|金本(33本目)|マートン(3/36本目)|柴田(2/18本目)
打点 鳥谷(2/14打点目)|マートン(2/17打点目)|柴田(2打点目)
2塁打 鳥谷(8本目)|金本(6本目)
3塁打 _
本塁打 マートン(1)
代打 柴田(8回)|桧山(8回)|今成(8回)
盗塁 _
先発
スタンリッジ|[登板=84勝0S 3敗]|7打者=24球数=112失点=0自責点=0
リリーフ
 榎田|[登板=231勝0S 0敗]|1打者=4球数=21失点=0自責点=0
 筒井|[登板=191勝0S 0敗]|1打者=3球数=10失点=0自責点=0
奪三振 スタンリッジ(5/36個目)|榎田(2/14個目)
審判 球審= 吉本 /1塁= 白井 /2塁= 柿木園 /3塁= 嶋田
戦評 阪神が4月26日広島戦以来今季6度目の零封勝利で、交流戦に入って初の連勝。4回マートンのタイムリーで1点を先制。7回マートンが昨年10月14日ヤクルト戦以来の1号ソロを放ち加点した。先発スタンリッジは7回3安打5三振無失点で4勝目、ソフトバンク戦で来日初勝利。金本が2打席目に二塁打を放ち、立浪和義に並ぶプロ野球史上7位タイの通算2480安打をマーク。ソフトバンクは今季6度目の零敗で、連勝は2でストップ。先発大隣は7回4安打2失点で3敗目、自身の連勝は3で止まり、4月25日西武戦以来の黒星。交流戦の黒星は10年6月6日阪神戦以来2年ぶり。
※イニングの点数をクリックするとそのイニングの詳細が表示されます.またスコア(計)をクリックすると全イニングの詳細が表示されます.
※投手をクリックすると登板内容が表示されます.